CoMoSol Project

KoDoMoは未知に向かってチャレンジする。

こどもが生み出す表現が'世界の常識をくつがえし
新しい世界を生み出すかもしれない!

DSC00910___.png

【kids Road Art Project コドモあいらんだ~銀座】
2014 5/5(こどもの日)西銀座通り(銀座電通前)に出現した地上絵!
第8回銀座柳まつり・イベント・アトリエ太陽の子主宰

只今、リメーク中です!!!!!!
以下、1min.MOV.又はスライドショー入る


粘土

ドロンコの笑顔がおいしい夏でした。(思い出帳より抜粋)
鋼鉄の荷台いっぱいに赤土を積んでダンプカーは、突然に現れた。
一面の芝生で覆われた宿泊施設、ここ東山荘にそれは、異様な光景でした。
轟音をあげながらせり上がっていく荷台から水を含んだ土の塊が、投げ出されていきます。
やがて、赤黒い小山が築かれました。その異様さにこどもたちは一瞬、息をのんでいるようでした。
わたしも軽い拒絶から「ウッ」と心の中でうなってしまいました。
このようにして『ドロンコ王国』のメインイベントは幕を開けました。
(中 略)
土粘土にからだごとぶつかって創るこども達のドロンコの笑顔は、
今までに見たどの笑顔よりも一番おいしかったです。
心から「ごちそうさま」をいいます。
ご・ち・そ・う・さ・ま〜〜〜〜〜〜〜1992年8月


KoDoMoサマーキャンプのトピックス

2012合宿 宇宙へ「浮遊する夏の造型」

大型の体育館ほどもある「藤野芸術の家 クリエーションホール」
演劇設備をフルに使ってのインスタレーションとなった。
蛍光材を仕込んだ造型物11基が中空に放たれブラックライトに発光する。
こども達によるショーを挿んで万華鏡の映像で結ばれた2泊3日の合宿であった。
と き●3012年7月23日〜25日
ところ●神奈川県立藤野芸術の家
万華鏡制作:小野寺慶子(アトリエ太陽の子指導者 2012万華鏡楽会賞受賞)
万華鏡映像制作:藤井アキラ(Anista,inc. CEO)
音響演出制作:小林由愛子&her Family


アトリエ太陽の子 夏のイベント

アトリエ太陽の子夏合宿と地区別巡行のワークショップの一部です。
夏合宿(summer camp)は、毎年2泊3日で実施しています。
介助の大人も含めると150名〜200名のイベントとなっています。


●画面をクリックするとスライド形式でご覧になれます。

2010 迷子迷路 神奈川県藤野芸術村

大きめの体育館ほどの空間にダンボールでつくった迷路。一度迷うともう出ることができない。お家に帰れない?
水があると 迷路に隠された宝物あり 基地づくり 挨拶なしでは通れない

2007 起き上がり大法師 山梨県清里高原

木でつくった起き上がり小法師。夜、いつまで揺れていられるかの競技がある。ふとんの中で永久に揺れる夢を見た。
空気がおいしいノコギリの達人世紀の大発明ゆれるを競う

2004 連なる彫刻 群馬県奥川浦温泉

木片をどんどんつないでいく。なんとなく何かになってくる。グループで相談してみる。予定外が面白い。
軽井沢は隣 温泉付の贅 ピカソもビックリ ペイントに熱中

2000 ソーラーバルーン 静岡県御殿場

ポリシートでつくった巨大な気球、太陽の熱で空気が暖められ外気との比重が変化。中空にふわりと浮かぶ。
空に浮かぶハズ!! 離陸開始 浮かび始める 呆然

1999 山奥の丸太オブジェ 新潟県じょんのび村

大地につき立った丸太10本をオブジェにしました。山奥のアースワーク、今も立っているだろうか。
10本の丸太オブジェは今も 日差し強烈とにかく熱い 原色の夏 充血の眼がにらみを効かす

1984 2mの木造船 神奈川県葉山町

木でつくった2mの船。海に浮かべて乗ってみました。今度は太平洋を渡ってアメリカまで行ける船にしようかな!
30隻の舟が一色海岸に フラッグを上げよ せんせいも頑張る 準備体操もワクワク

a:6470 t:1 y:0